プロフィール

岩手県立宮古高等技術専門校

宮古高等技術専門校の公式ブログへ
ようこそ!
〒027-0037
岩手県宮古市松山第8地割29番3
TEL:0193-62-5606
FAX:0193-64-6596

最新記事画像

アーカイブ

カテゴリ

Twitter

ブログ内検索

RSSリンクの表示

関連リンク


QRコード

QR

2015年10月~12月 第一線メカニックによる特別訓練【自動車システム科】

 自動車システム科の2年生は、10月から12月にかけて、県内自動車販売会社などの第一線で活躍するベテラン整備士から特別訓練を受けました。
 特別訓練では、各社とも新型の自動車を持ち込んでいただき、電子制御システムで動く車の構造や特徴をわかりやすく説明してくれました。

■岩手マツダ販売(株)↓

デミオ「クリーンディーゼル」 エンジン音がとても静かでした。


現場での点検の流れを実演していただきました。


持ち込み車両の「ロードスター、デミオ」 両車試乗会・・・。
天気がよくオープンカー日和でした! 加速感も最高!!


■岩手日野自動車(株)↓

持ち込んでいただいた車両は、レンジャー4t(クレーン付)


以前に寄贈していただいたエンジンでコモンレール燃料噴射システムの説明。


会社説明もしていただきました。


■岩手スバル自動車(株)↓

座学で「アイサイト」を学ぶ。


持ち込み車両「レガシーアウトバック」・・・。
アイサイトVer.3搭載!


スバル水平対向エンジンに興味津々。

■(株)スズキ自販岩手↓

新機構の座学でまずは予備知識を・・・。


以前に寄贈していただいた「ワゴンR」にて診断機(スキャンツール)の実演中。


持ち込み車両「ソリオHV」!!
見た目よりも室内広々でした。


■(社)岩手県自動車整備振興会↓

現場経験のある明るく元気な女性整備士の先生に来ていただきました。


配線図の見方なども教わりました。


「ライティングボード」での実技測定!
結果やいかに・・・。


■岩手日産自動車(株)↓

まずは座学でシステムの学習・・・。


エンジンルーム内の説明と確認・・・。


持ち込み車両は、最新の「エクストレイルHV」試乗!!
いつも軽自動車しか乗らない学生はちょっと緊張気味。


■岩手三菱ふそう自動車販売(株)↓

ふそうさんの技術を余すことなく指導していただきました。


持ち込み車両はなんと・・・
迫力の「スーパーグレート10tダンプ」


/ 何これ?やっぱりアナログいいね \


外部診断機でのデータモニター中!
いろいろな情報を見ることができます。


■南ホンダ自動車(株)↓

この度サンプル部品を提供していただきました。
大変貴重な部品をありがとうございました。


持ち込み車両「フィットHV」!


みんなで試乗もしました。


他社との比較をすることもできました。
大変参考になりました。


■岩手三菱自動車販売(株)↓

診断機の紹介を熱心にしていただきました。


エンブレムが誇らしげでした・・・。


持ち込み車両「アウトランダーPHEV」!!


実車は思いのほか大きいです。


■岩手トヨタ自動車(株)& (社)岩手県自動車整備振興会↓

低圧電気取扱い資格取得を兼ねての実技講習です。


作業前、作業後のチェックもしっかりと行ないます!


「HVバッテリ」の取外し実習・・・。
結構取外し部品が多いです。


トヨタ社内級 最高峰整備士の証!!!


トヨタ車体「コムス」
特別訓練を取材に来ていた宮古市自然エネルギー推進室の方が乗ってきました。
めったにお目にかかれない、かわいらしい車両です。


■岩手ダイハツ販売(株)↓

持ち込み車両は寄贈していただいた車両と同型の「ムーブ」!


「スマートアシスト」体験試乗を特別に行なっていただきました。
同乗すると見ているよりも危機感、迫力が違います!!


やはり外部診断機(スキャンツール)はこれからの整備には欠かせない存在です!


 現代の自動車は、多くの電子制御システムが組み込まれており、どの整備現場でもメンテナンスや故障診断の際には、外部診断機(スキャンツール)を使った電子診断が行われます。
このため、当校でも電気や電子技術に強い整備士の育成を目指しています。

2015-12-07 スズキフレッシュマンセミナー【自動車システム科】

 12月7日、自動車システム科1年生は、株式会社スズキ自販岩手様の御好意により、「スズキフレッシュマンセミナー」を受講しました。
 これは、3、4人がチームとなって、ゲーム感覚で仕事の基本やチームワークを学ぼうというものです。
学生たちは、折り箱作りやマシュマロタワー作りをチームで行い、目標、品質、コスト、改善などの視点で仕事の進め方を学びました。













≪セミナー終了後の学生の感想≫
■『会社という組織の中で自分が仕事をするに当たって、どういうことに気をつけて行くべきなのか、例えばコミュニケーションの取り方等、なんとなくではありますが分かったような気がしました。』

■『最初は、ただ折り箱をつくる事しか頭になかったのですが、数やコスト、それから原価を考える事によって、普通であれば難しそうでめんどうだと思うものが、やり方一つでとても楽しく出来たし、良い勉強になりました。今回のセミナーは、考え方や捉え方一つで物事はこんなにも楽しく出来るという事がとてもよく分かりました。』

■『実際に手を動かして作業しながら、メカニックとして必要な心がけを学ぶことができました。特に、折り紙を使って箱を作る作業では、一人ひとりが何の作業をするのかをよく考え、またコストを減らすにはどうしたらよいかをチーム全体で考えました。こういったチームワークは社会に出たときに必ず役に立つと思うので、日々の実習から心がけていきたいと思います。』

■『チームごとでの箱作りや、タワー製作を通して、作業をすることに対して、どういったことが重要になってくるのかを実感することができました。作業をする環境であったり、適切な道具を選び、無駄を無くすことや、対人としては、お互いに自分がどうするのか、相手に何をしてほしいのか、などの掛け声があるとやりやすかったです。
 今回のこのセミナーを通して、コミュニケーションをとること、自分達で気付いて改善すること、その場での一番良い環境や方法などを常日頃からできるように意識したいです。』

 以上の学生たちの感想文で分かるように、学生たちにとっては仕事をする上で何が大事なのかに気付かされる貴重な機会になったようです。
 スズキ自販岩手の皆様、大変ありがとうございました。