プロフィール

岩手県立宮古高等技術専門校

宮古高等技術専門校の公式ブログへ
ようこそ!
〒027-0037
岩手県宮古市松山第8地割29番3
TEL:0193-62-5606
FAX:0193-64-6596

最新記事画像

アーカイブ

カテゴリ

Twitter

ブログ内検索

RSSリンクの表示

関連リンク


QRコード

QR

2016-03-30 当校制作の標識が設置されました

3月28日(月)~30日(水)にかけて、校門に「止まれ」の標識を設置しました。
標識はすべて当校の特製。
金型技術科の伊東先生、自動車システム科の佐々木先生と伊東先生の手作りです。

駐車場側のアスファルトには、停止線と「止マレ」の文字を書いていきます。

文字は、金型の伊東先生の手書きです。


文字の完成。

「ちょっと小さかったな~」
ということで、縦書きの方の文字は大きくしました。


次は標識。

このスッピン状態の鉄の表面に化粧下地(さび止め)を塗ります。




化粧下地を塗り終わったところ

赤くお化粧して、完成です。



どうですか、このクオリティの高さ。
先生達の技術力の結晶です。



道路工事の関係で大型車の往来が多くなりました。
学生、職員のみなさん、道路に出る前はちゃんと止まってください!

2015-8.03  帆船現る 

 この夏、宮古港に帆船が現れました。
 寄港した船は、『みらいへ』(250トン/母港神戸)と、『日本丸』(2,570トン/母港東京)です。
 この2隻は、宮古港開港400周年に因み、寄港したものです。
 開港400周年をお祝いし、当校ブログにてもその美しい姿をご紹介します。

■帆船『みらいへ』(H27.7.18朝 撮影)








もっと美しい写真を見たい方はこちらをどうぞ。⇒ 帆船みらいへのホームページ

■帆船『日本丸』(H27.8.3朝 撮影)





もっと美しい写真を見たい方はこちらをどうぞ。⇒ 帆船日本丸のホームページ

9月14日(月)には、宮古港開港400周年事業の一環として、豪華客船にっぽん丸(22,472トン)が寄港します。
宮古高等技術専門校から自転車で20分ぐらい走ると、美しい姿が見られます。

2015-07.19 宮古湾カッターレースが開催されました

7月19日(日)、宮古湾カッターレース大会が開催されました。
カッターレースは、今年で23回目。開港400週年を祝うべく、昨年度より15艘多い33艘ものチームが参加しました。

【これは予選レース。3艘ずつでレースが行われます。】

【スタート地点のブイに掴まりますが、船のへさきを進行方向に真っ直ぐ向けるまでが一苦労です。】

【さあ、スタート!】




【300メートル行ったところで、折り返して戻ってきました。】


【ゴール!】


【レース会場の魚市場では、鍬ヶ崎熊野神社の御神輿様による海上渡御も行われました。】

【おや、この天狗様、どこかでお見かけしたような・・・・・】





【海上渡御の船が宮古湾巡行に出た後、予選レース再開です。】







【レース会場では、開港400周年を祝い寄港した帆船「みらいへ」もレースを見つめていました。】










2015-6.11  客船『ぱしふぃっく・びいなす』が入港しました 【宮古港開港400周年】

 6月11日、宮古港に大型客船『ぱしふぃっく・びいなす』が寄港しました。
 全長184メートル、総トン数2万6千トン。大きすぎてデジカメには1枚で撮り切れませんでした。








7月27日には東京海洋大学の海洋調査船 『神鷹丸』(649トン)、7月30日には航海訓練所の帆船 『日本丸』(2,570トン)、9月14日には大型客船 『にっぽん丸』(22,472トン)が寄港する予定です。

2015-4.15  浜の風景

宮古高等技術専門校から自転車で15分走ると、そこには浜の風景が広がります。
















今年は宮古港開港400周年の年に当たり、普段観ることのできない大型客船や帆船が来港するほか、Sea級グルメ全国大会、新撰組サミットなど、様々な記念行事が行われます。
詳しくは、右の宮古市役所ホームページをご覧ください。⇒ 宮古港開港400周年事業トップページ