プロフィール

岩手県立宮古高等技術専門校

宮古高等技術専門校の公式ブログへ
ようこそ!
〒027-0037
岩手県宮古市松山第8地割29番3
TEL:0193-62-5606
FAX:0193-64-6596

最新記事画像

アーカイブ

カテゴリ

Twitter

ブログ内検索

RSSリンクの表示

関連リンク


QRコード

QR

2018-2-8 金型技術科インターンシップ

金型技術科のインターンシップが今週の月曜から始まりました。金曜までの5日間(2月5日~2月9日)の日程で、管内の企業にお世話になっています。
今日でインターンシップ4日目、職場の雰囲気にも慣れ、授業では気付かなかったことを学ぶことが出来たのではないかと思います。残り1日も有意義なものにして欲しいです。



金型技術科では、企業の現場感覚を養うため、管内の企業のご協力により、インターンシップ・職場実習を受け入れていただいています。

2017-11-9 金型技術科 校内技能コンクール

金型技術科の技能コンクールが行われました。

2つの課題が出され、それぞれ旋盤とフライス盤の機械を使用して、決められた時間内に製品を完成させます。技能レベルは技能検定2級~3級くらいの課題です。

一人ずつ作業をして、完成した製品は、課題図面の寸法と形状、仕様通りに加工できているか、出来栄えと作業時間で評価されます。

作業の様子をご紹介します。



フライス盤での作業



旋盤での作業



機械で加工した後、寸法との誤差がないように手で仕上げています。



完成した課題製品。美しく仕上がったようです。

2017-10-31 金型技術科 中間成果報告会

本日は、金型技術科に企業からの派遣で入校している学生の中間成果報告会を行いました。
4月の訓練開始から半年が過ぎ、これまで金型技術科で学んだ成果を見ていただくため、学生の所属事業所の社員の方をお招きしました。

はじめに、どんな機械を使用しているか、加工方法や加工してみて難しかった点や反省点などを写真で説明していました。



その後、実習場に移動し、実習の様子も見ていただきました。



学生は、修了までの残りの訓練も頑張りたいと、今後の目標も話していました。

金型技術科では、派遣教育が可能な製造業や金型関連企業からの入校生も募集しています。



2017-9-11 技能検定に合格しました!

3級技能検定 機械加工 平面研削盤作業を受検した金型技術科の学生へ合格証書が届き、校長による伝達式を行いました。



これまで頑張ってきた結果です。おめでとうございます!
さらに、次の目標に向かって技術を磨いてください。

2017-6-12 西わらび用マルチスケールの制作実習を行いました。

金型技術科ではマシニングセンタの実習を行いました。課題は「西わらび用マルチスケール」制作。

「西わらび」は西和賀町の特産品ですが、同町で集荷・販売をしている株式会社西和賀産業公社では、効率よくわらびの選別ができるマルチスケールを考案し、今年度から生産農家へ配布しているそうです。
今回、増販が必要になったことから同公社から依頼があり、実習教材として制作協力させていただくことになりました。

制作手順は、はじめにNCプログラムを作り、そのプログラムを利用してマシニングを使って加工します。



マルチスケールの材料はプラスチック製のまな板で、加工条件が悪いと溶けてしまうので、溶けないような加工条件を見つけるのに苦労しながら操作していました。



見事完成。
農家の皆さんの反応も良いと感謝の言葉をいただきました。
学生たちはこの実習を通じて、わらび選別作業の改善に協力できたことに手ごたえを感じたようです。